小児用ジスロマックの飲ませ方

ジスロマックを嫌がる子供に飲ませる方法

子供は外に出て遊ぶ機会も多く、体も小さいため、さまざまな感染症にかかりやすいものです。
細菌などが原因となった子供の感染症としては、咽頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、中耳炎などがあり、こうした病気のいずれにも効き目を有しているのがマクロライド系抗生物質であるジスロマックという医薬品です。
特に、クラミジアやマイコプラズマといった細菌ではない病原性の微生物が原因となって起きる肺炎や結膜炎などの場合には、このジスロマックの投与が最適であるとされています。
しかし、子供はえてして苦味のある医薬品の服用を嫌がるもので、思うように飲んでくれないという悩みはどの家庭でも共通しています。こうした場合の対応策ですが、飲みやすいように牛乳やジュースに混ぜて服用するという方法があります。
ジスロマックには成人用の錠剤などのほかにも、小児用のカプセルや細粒タイプの製品が用意されています。
小児用細粒タイプの場合であれば、子供であっても苦味を感じずに牛乳などと一緒に飲むことが可能です。
ただし、オレンジジュースやスポーツドリンクのような酸性飲料については、逆にジスロマックの苦味を強めてしまうはたらきがありますので、こうしたものとは一緒にせず、かならず中性の飲み物と一緒にすべきです。
また、このような工夫をしてもジスロマックの服用を嫌がるようであれば、ジスロマックのジェネリックとして、他社から成分が同一の別銘柄の医薬品が販売されていますので、医師に相談の上で、ジスロマックの正規品からジェネリックに切り替えてもらうという方法もあります。
ジスロマックのジェネリックのなかには、小児用のドライシロップタイプのものがあり、ストロベリー味やバナナ味で飲みやすくされています。