小児用ジスロマックの飲ませ方

性病検査の時間と処方されるジスロマックについて

性行為後に性病の疑いや自覚を感じる場合には性病検査を受ける必要があります。性病検査を受けるまでの時間は、通常、当日から1週間程度かかり、医療機関にもよりますが早いところでは当日に結果を知ることができます。性病検査キットを用いる方法もあり、この場合には購入から到着までが1~3日程となっており、検査体を送り返して結果を受取るまでの期間は3日間程度です。
保健所で受ける場合には、HIVの検査だけであれば即日検査が受けれる機関もあり、その場合には、おおよそ30分程度で結果がでるようになっています。また、即日検査を行っていない機関においては1~2週間程度の期間が必要となります。
性病検査は、性行為後に不安になったからといって、翌日に検査をしても正しい判断を行うことはできません。それは感染した場合には血液中に反応が出るまでに時間がかかるためであり、ある程度の期間が必要となります。性病検査はその症状によっても現れる時間が異なっており、その時間とは、概ね、以下のような内容となっています。それは、クラミジアや淋病、トリコモナスにおいては2~3日、C型肝炎では1週間、HIVや梅毒では1ヵ月、他には、性器ヘルペスやコンジローマ、B型肝炎では発症してから、それぞれ、2日、3週間、1ヵ月となっています。
性病の治療には抗生剤が多く用いられていますが、その中にジスロマックがあります。ジスロマックは性病であるクラミジア感染症に高い効果を示し、他の性病に関しても用いられる場合があります。クラミジアの治療には、かつては服薬回数や長い時間をかけて治す必要がありましたが、ジスロマックが使用されることにより、治療にかかる時間も1回の服用で済み、その効果も7日間程度続くようになっています。そのために服用を忘れることも少なく、その期間でのクラミジアの治癒率は90%と高いものがあります。